前へ
次へ

ペット葬は今では珍しくなくなった

親しくしていた人の葬式をするのは当然のことですが、飼っていた動物の葬儀をするのは昔はかなり珍しかったことです。
今は多くの業者さんがペット葬を手掛け、かわいがっていた猫や犬、鳥などの葬儀をしてくれます。
お墓もしっかりと作る人もいて、いかに飼い主が動物のことを家族として考えていたかがよくわかる内容です。
人間の場合と違い、ペット葬を行う場合はかなり簡素化されていて、参列者も家族のみの場合が多いです。
動物の場合はよほど大型でない限り棺も小さくて済みますし、焼く時間もさほどかかりません。
それでも人間と同様の葬式を行えばある程度のお金はかかります。
業者さんによってはコース設定をしていたり、生前の動物が好んでいた色などを考慮して棺を作ってくれることもあります。
ペット葬は人間の場合と比べ、飼い主が自由にできる部分が多いです。
これは、飼い主の個性があらわれやすいといっても過言ではなく、参列した人が驚くような内容のこともあります。
私はかつて大学時代の友人が飼っていた犬の葬儀に参列したことがありますが、立派な棺に入れられ、告別式もおごそかに行われていました。
飼い主がいかに愛情をかけていたか、動物との思い出などもスライドで説明され、一度も面識がないにも関わらず感動せずにはいられませんでした。
動物は単に一緒にいた生き物という位置づけではなく、何年も一緒に過ごす家族です。
彼らはその犬がいるのが当たり前で、犬もまた家族と一緒に暮らすことを生き甲斐にしていました。
昔よりもはるかに生活環境が良くなった現在、動物の寿命はどんどん延びています。
また、子供がいない家庭も多くなっていることから、動物が亡くなった場合その葬儀にかけられるお金も増えています。
今後は人間よりも華やかな式を行う動物が出てきたり、戒名を持つ動物も出てくるでしょう。
それは現代社会の基本的な考え方が変化し、動物に対しての考え方も変化したことを意味しています。

浮気調査の得意な大阪の探偵会社を探せるサイト
浮気調査の経験が豊富で、公判資料としても使用できる証拠をつかむことができる探偵会社をエリア別で探せます。

対象者にばれずに証拠集めができる探偵事務所

予約システム
ネットや電話など店舗のすべての予約管理を行うことができますし、システムにより情報共有が楽にできるので人的ミスなどの減少にも貢献できます。

WEB ウォーキング 大会
健康増進に役立つウォーキングやクイズなどをゲーム感覚で楽しめるので、楽しく運動習慣・健康知識を身につけられます。

秘密厳守を徹底している探偵事務所を選ぶのがおすすめです

Page Top